/

五輪ショートトラック、日本は男子・混合リレーで出場権

スピードスケート・ショートトラックの北京冬季五輪予選を兼ねたワールドカップ(W杯)第4戦最終日は28日、オランダのドルドレヒトで行われ、日本は男子5000メートルリレーと混合2000メートルリレーで五輪出場権を獲得し、女子3000メートルリレーで出場権を逃す見通しとなった。

五輪出場権は今季のW杯全4戦の成績で決まり、開催国の中国を含めて男女リレーで8チーム、混合リレーで12チームに与えられる。

同日の男子リレーで菊池耕太(恵仁会)菊池哲平(帝産ク)渡辺啓太(阪南大職)吉永一貴(トヨタ・中京大)の日本は順位決定戦2着で6位となった。混合リレーの日本は10位。

1000メートルで男子の宮田将吾(阪南大)と女子の菊池悠希(ANA)平井亜実(トヨタ自動車)は準々決勝で敗退した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン