/

ジャンプW杯、小林陵がコロナ陽性で欠場 伊東14位

【ルカ(フィンランド)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は28日、フィンランドのルカで個人第4戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、日本勢は伊東大貴(雪印メグミルク)が128.5メートル、132.5メートルの合計271.3点で14位となったのが最高だった。小林潤志郎(雪印メグミルク)は15位。

新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことをツイッターで明らかにした小林陵侑(土屋ホーム)は欠場した。

アンジェ・ラニシェク(スロベニア)が311.9点でW杯初優勝。佐藤慧一は31位、佐藤幸椰(ともに雪印メグミルク)は49位。中村直幹(フライングラボラトリー)は予選で落選した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン