/

日本ハム新庄監督、来季の続投発表 札幌ドーム最終戦で

(更新)

プロ野球日本ハムの新庄剛志監督が28日、来季の続投を発表した。今季の本拠地札幌ドームの最終戦となったロッテ戦に3-11で敗れた後のセレモニーで、同日午後に球団から来季の続投要請を受けたと明らかにし「来年指揮を執ってもいいですか」とファンに問いかけて喝采を浴び「今返事します。よろしくお願いします」と表明した。再び1年契約を結ぶ方針。

最下位に終わった今季をファンに謝罪すると、背中に「BIGBOSS(ビッグボス)」と書かれたユニホームを脱いでマウンドに置き、「SHINJO」のユニホームで再登場。来季は登録名を「真剣勝負」の決意を示すため本名にする。

チームは来季から北海道北広島市に開業する新球場へ本拠地を移転する。2004年、東京から北海道への移転とともに入団したのが新庄監督だった。06年には天井からゴンドラに乗って登場するなどグラウンドの内外で注目を集めて象徴的な存在に。監督として舞い戻った札幌ドーム最終年を戦い抜き「06年の日本一のシーンをすごく思い出した。そのイメージを来年に持っていく」と決意を新たにした。

来年3月30日に新球場のエスコンフィールド北海道で迎える開幕戦の開幕投手に加藤貴之投手を指名し、またファンを驚かせた。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン