/

IOC、ロシア・ベラルーシの除外を勧告 国際大会から

サッカーのFIFAは代表・クラブを出場禁止に

(更新)

【パリ=白石透冴、ウィーン=細川倫太郎】国際オリンピック委員会(IOC)は28日、ウクライナ侵攻に関係するロシアとベラルーシ2国の選手について、スポーツの国際大会に参加させないよう主催者や競技団体に求めた。国際サッカー連盟(FIFA)はロシアの代表とクラブチームの主催大会への参加を禁じる決定を下した。

IOCは大会開催が迫り運営上、法律上の理由で2国選手の排除が難しい場合は、2国の旗、シンボル、国旗などを使わないよう強く促した。「関係する団体が自分たちで効率的な方法を見つける」ことを求め、最終的な判断は各連盟などに任せるとした。北京冬季パラリンピックの開幕が3月4日に迫っており、混乱も生みそうだ。

FIFAと欧州サッカー連盟(UEFA)は28日、ロシアの代表とクラブチームは当面、主催大会の全試合で出場停止処分にすると発表した。ロシア代表は3月にワールドカップ(W杯)カタール大会の欧州予選プレーオフを戦う予定だったが、今回の決定でW杯の出場は絶望的な状況になった。AFP通信によると、ロシアサッカー連盟は「明らかに差別的」と非難する声明を出した。

FIFAは27日にロシアに対し、国際試合の開催禁止や国旗や国歌も禁じる制裁を発表したばかり。しかし、各国のサッカー協会などから「甘すぎる」と批判を浴び、わずか1日で強力な措置に踏み込んだ。UEFAはロシアのガス大手ガスプロムとのスポンサー契約も打ち切ると発表した。

ウクライナ侵攻が始まって以降、ロシアでの大会の中止や、ロシア選手の参加を認めないなどの発表が相次ぎ、スポーツ界全体で「ロシア除外」の動きが広がっている。IOCは28日、ウクライナ侵攻に関係のないロシアとベラルーシ選手もいると指摘。こうした要素を考えた上で、今回は苦渋の決断を下したとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン