/

喜田・大岩が個人決勝へ、皆川はリボン15位 世界新体操

新体操の世界選手権第2日は28日、北九州市の西日本総合展示場で個人予選後半のクラブとリボンが行われ、全4種目のうち得点の高い3種目合計で争われた個人総合はともに東京五輪代表の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)が74.000点で8位、大岩千未来(イオン)が67.350点で18位に入り、上位18人による30日の決勝に進出した。

4連覇を目指す東京五輪銀メダルのジーナ・アベリナ(RGF=ロシア連盟)が85.175点で1位通過した。

今大会限りでの現役引退を表明している皆川夏穂(イオン)はリボンのみを演技し、20.400点で15位だった。日本勢が進めなかった個人種目別決勝でクラブはD・アベリナが27.100点をマークし、前日のフープ、ボールと合わせて3冠に輝いた。リボンはアリーナ・ハルナスコ(ベラルーシ)が23.950点で初制覇した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン