/

難病のオリックス西浦、現役に別れ 9回で中堅守備へ

難病の両側特発性大腿骨頭壊死症に苦しみ、今季限りでの現役引退を余儀なくされたオリックスの育成選手、西浦颯大外野手(22)が28日、引退試合としてウエスタン・リーグの広島戦(オセアンバファローズスタジアム舞洲)に臨んだ。

九回、支配下選手時代の背番号00のユニホームで中堅守備に就いた。4年で終わったプロ人生に「全部が思い出。僕の夢はずっとプロ野球選手」と未練をにじませた。

日常生活ではつえに頼っている中、足を引きずりながら歩いて中堅へ。慣れ親しんだ位置で「自分がしてきたファインプレーがよみがえってきた」と涙を浮かべ、投手が1球投げたところで交代した。退く際には同じ1999年生まれの広島の中村奨や、チームメートから花束を受け取り、スタンドからは温かい拍手が送られた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン