/

審判の態度に「不満の声も」 NPBと選手会が意見交換

日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が28日、オンラインで行われ、審判員と選手の関係改善へ向け意見交換した。

24日にはロッテの佐々木朗希投手がオリックス戦で判定への反応を巡って白井一行球審に詰め寄られ、騒動となった。選手の間では以前から審判員の技量や態度に不満の声もあるといい、選手会の加藤諭事務局次長は「もっとコミュニケーションの取り方があるのではないかと話をしていきたい」と述べた。

今季終了後の導入を前提に協議している現役ドラフト制度については、早期に12球団で運用ルールをまとめることを選手会が要望した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン