/

合同稽古、明生や霧馬山ら申し合い 4日間の日程終わる

大相撲九州場所(11月14日初日・福岡国際センター)に向けた合同稽古最終日は28日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、関脇明生や4日間すべてに参加した成長株の平幕霧馬山らが申し合いで鍛えた。

明生は17番取って8勝9敗。27日から後半2日間の参加だったが「いいと思う。内容があった」と充実感をにじませた。一年納めの場所に向け「しっかり勝ち越して、来年につなげられるような気持ちで臨みたい」と抱負を語った。

モンゴル出身の霧馬山はこの日、9番止まりだったが、4日間を通して多くの番数をこなした。秋場所で三役以上を次々と撃破し、九州場所でも注目を集めそうで「いろんな人と稽古をやって、自分の力になっていると思う。(来場所も)しっかりとやることをやりたい」と意気込んだ。

秋場所で10勝をマークした阿武咲も全日程を完走。「いろんな人と肌を合わせられて、充実した稽古になった。思っていたよりも関取相手に体が動いていた」と状態の良さを感じさせた。

横綱照ノ富士や、正代と貴景勝の両大関は今回の合同稽古には不参加。九州場所の番付発表は11月1日に行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン