/

この記事は会員限定です

夢や理想で終われない 自社内循環、パタゴニアの本気度

(更新) [有料会員限定]

東京・渋谷の通称「キャットストリート」の一角に9月、行列ができた。列の先には、アウトドアウエアで知られる米パタゴニアの渋谷店。割引セールの日でも限定商品の売り出し日でもない。店内に足を踏み入れると、こんな看板が目に飛び込んできた。

「必要ないモノは買わないで。」

貴重な場所とタイミングであえて古着

陳列商品をよく見ると、しわがあるなど誰かが一度着たようなウエアばかり。それもそのはず、ここにはパタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

その服、サステナ?

大量につくられ、買われ、そして大量に捨てられる。こんな前提のアパレル産業がぐらついて久しい。売れ残りやセールを見越した価格設定を消費者は見透かし、年50万トンを超える廃棄物は明らかに環境へ負荷をかける。悪い流れをなんとか断ち切ろうと奮闘する先駆者の姿を追った。「いま着ている服、買おうとしている服は本当にサステナブル(持続可能)ですか」。こう問われる時代が近く来る。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン