/

この記事は会員限定です

服の最後は焼くか埋める 小企業「地球目線」であらがう

(更新) [有料会員限定]

北九州市にある日本環境設計の化学プラントで10月下旬、4人の従業員が黙々と分別作業に取り組んでいた。作業台に並ぶのはトレーナーやズボンの数々で、この場所に全国から届く段ボールは1日約170箱にも及ぶ。

作業員は、ポリエステル素材100%の服だけを選ぶ。巨大なタンクの中で特殊な溶液を混ぜて熱を加えると、服は分子レベルにまで分解される。不純物を取り除き、ポリエステル原料だけを抽出。真新しいポリエステ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

その服、サステナ?

大量につくられ、買われ、そして大量に捨てられる。こんな前提のアパレル産業がぐらついて久しい。売れ残りやセールを見越した価格設定を消費者は見透かし、年50万トンを超える廃棄物は明らかに環境へ負荷をかける。悪い流れをなんとか断ち切ろうと奮闘する先駆者の姿を追った。「いま着ている服、買おうとしている服は本当にサステナブル(持続可能)ですか」。こう問われる時代が近く来る。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン