/

トライアスロン、宮崎集選手が事故死 フランスで練習中

(更新)

日本トライアスロン連合は28日、女子の宮崎集選手(25)=サイサンガスワン・鹿児島県スポーツ協会=がフランスで行っていた自転車の練習中に事故で亡くなったと発表した。現地時間27日にオルレアンで対向車と接触したという。同連合のスタッフが対応しており、日本から家族と関係者が現地に向かった。

富山県出身の宮崎選手は筑波大でトライアスロンを始め、2019年のU23(23歳以下)日本選手権で優勝。24年パリ、28年ロサンゼルス両五輪を目指していた。最新の世界ランキングは142位で、24日にスペインで開催されたワールドカップ(W杯)に出場した。

同連合は「宮崎選手のご冥福をお祈りします。そして、ご親族、ご友人の皆さまに心からのお悔やみを申し上げます」とコメントを発表した。

トライアスロンでは17年にナショナルチームの国内合宿で、選手が自転車練習中の事故で亡くなった。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン