/

この記事は会員限定です

ジャパネットの地域創造 創業の地・長崎に「夢の街」

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

かつて日本が世界に唯一開いた港町・長崎。明治時代以降も造船業で栄えたものの、今は往時の勢いはない。JR長崎駅から徒歩10分、絶好の立地にぽっかり空いた7ヘクタールもの広大な工場跡地がそれを物語る。

売却条件は「多世代が交流し、持続可能な街づくりを先導すること」

目の前を浦上川が流れ、その向こうには夜景スポットとして知られる稲佐山を望む工場そばを歩きながら、ジャパネットホールディングス(HD)社長の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3152文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スタジアム 街が生まれる場所

陸上競技場兼球技場、体育館という名の屋内競技場……、いわゆる「ハコモノ」と呼ばれてきた典型的な公共建築のスポーツ施設。スポーツが大衆に浸透し、全国各地に無数の「ハコモノ」が広がっていくきっかけにもなった1964年東京五輪から半世紀あまり、人をひきつけ、お金を生み出す場、スタジアム、アリーナへと変わろうとしている。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン