/

柔道、三井住友海上が9度目V 全日本実業団体

柔道の全日本実業団体対抗大会第1日は28日、広島市の広島県立総合体育館で行われ、4チーム総当たりで争った女子1部は、三井住友海上が2018年以来、9度目の優勝を果たした。2勝1敗で3チームが並び、個人の勝利数の差で制した。過去2年は新型コロナウイルス禍で中止され、3年ぶりの開催。

三井住友海上は世界選手権(10月・タシケント)57キロ級代表の舟久保遥香らが活躍。コマツが2位、JR東日本が3位、昨夏の東京五輪78キロ級金メダルの浜田尚里を擁した自衛隊が4位だった。

女子2部は日本エースサポート、男子3部はパーク24が頂点に立った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン