/

ラグビー、東海大が4連覇 関東大学リーグ

ラグビーの関東大学リーグのリーグ戦最終日は28日、東京・秩父宮ラグビー場などで4試合が行われ、東海大は流通経大に71-19で大勝し、6勝1分けの勝ち点32で4年連続11度目の優勝を飾った。法大を71-12で圧倒した日大と勝敗、勝ち点で並んだが、規定により全試合の総得失点差で上回った東海大の優勝が決まった。

大東大は中大を50-13で下し、関東学院大は専大に68-27で快勝した。2位以下は日大、大東大、関東学院大、流通経大、法大、中大、専大。上位3チームが全国大学選手権に進む。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン