/

ボクシング尾川が新王者 IBF、スーパーフェザー級

【ニューヨーク=共同】国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフェザー級王座決定戦12回戦は27日、ニューヨークで行われ、同級3位の尾川堅一(帝拳)が同級2位のアジンガ・フジレ(南アフリカ)に3-0で判定勝ちし、新王者となった。5回に右でダウンを奪うなど優位に進め、12回には2度ダウンさせた。

尾川は2017年12月に同級王座決定戦で判定勝ちしたが、ドーピング違反で無効試合となり1年間の資格停止処分を受けた。19年2月に復帰戦を行い、再び世界に挑んだ。戦績は26勝(18KO)1敗1分け1無効試合、フジレは15勝(9KO)2敗。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン