/

カーリング、SC軽井沢クが全勝で首位通過 日本選手権

カーリングの日本選手権第6日は27日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで1次リーグが行われ、男子はSC軽井沢クが札幌国際大との全勝対決を8-3で制し、昨年準優勝の常呂ジュニアにも6-4で勝って8戦全勝で首位通過した。札幌国際大はチーム東京には4-2で競り勝ち、7勝1敗で2位。

4連覇を狙うコンサドーレは6勝2敗の3位、北見協会は4勝4敗の4位で決勝トーナメントに進んだ。

女子のフォルティウスは札幌協会に6-7で競り負けて4敗目(4勝)を喫し、規定で4位通過。1位通過を確定させていた北京冬季五輪銀メダルのロコ・ソラーレはSC軽井沢クに8-2で快勝し、7勝1敗とした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン