/

喜田、ボールで5位 世界新体操が開幕

新体操の世界選手権は27日、北九州市の西日本総合展示場で開幕し、個人種目別決勝はボールで予選7位通過した喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)が26.050点で5位に入った。ジーナ・アベリナ(RGF=ロシア連盟)がフープで27.750点、ボールで29.125点をマークし、2冠に輝いた。

個人総合予選は前半のフープ、ボールが終了し、ともに東京五輪代表の喜田が2種目合計49.600点で7位につけ、大岩千未来(イオン)が45.200点で17位となった。4連覇を目指す東京五輪銀メダルのD・アベリナが56.725点でトップ。ロシア勢はドーピング問題に伴う処分で国旗や国歌を使えないRGFとして参加している。

大会は31日まで。新型コロナウイルスのワクチン接種証明などを使った政府の行動制限緩和に関する実証実験の対象となっており、観客数の上限を設けていない。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン