/

女子バスケ渡嘉敷「わくわくしている」 W杯予選へ意欲

バスケットボール女子のワールドカップ(W杯)予選(2月10~13日・大阪市)に向けた日本代表候補に選ばれた渡嘉敷来夢(ENEOS)が27日、オンラインで記者会見し「シンプルに楽しみ。すごくわくわくしている」と心境を語った。

身長193センチのエースは右膝の大けがの影響で、日本が銀メダルを獲得した昨年の東京五輪に出場できなかった。若手中心で臨んだ昨秋のアジア・カップでも5連覇を果たした代表チームに「五輪もアジア・カップも夢を与えられた」と大きな刺激を受けたという。

9月にシドニーで開幕するW杯の出場権を争う今予選に出れば、渡嘉敷にとって故障後初の国際試合となる。「その舞台に立ちたいし、負けたくない。世界でもっと活躍できる選手になりたい」と意気込んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン