/

最優秀賞に高木美帆 JOCスポーツ賞

日本オリンピック委員会(JOC)は27日の理事会で2021年度JOCスポーツ賞を決め、最優秀賞に2月の北京冬季五輪スピードスケート女子で金を含むメダル4個を獲得した高木美帆(日体大職)を選んだ。6月に表彰式が行われる。

特別栄誉賞は北京五輪スノーボード男子ハーフパイプで金メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)と昨夏の東京五輪の競泳女子個人メドレーで2冠を果たした大橋悠依(イトマン東進)が受賞した。

優秀賞は東京五輪でボクシング女子フェザー級を制した入江聖奈(日体大)、体操男子2冠の橋本大輝(順大)らが選ばれ、新人賞には東京五輪スケートボード女子ストリート金メダルの西矢椛(ムラサキスポーツ)らを選出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン