日本ハム、球団社長退任へ 新球場の規則抵触が一因 - 日本経済新聞
/

日本ハム、球団社長退任へ 新球場の規則抵触が一因

プロ野球日本ハムの川村浩二球団社長(62)は27日、北海道北広島市内で報道陣の取材に応じ、社長を退任する意向を表明した。今季から球団が本拠地とする新球場「エスコンフィールド北海道」を保有、運営する会社の社長も退任する。3月の株主総会で決定する見通し。新球場のファウルゾーンが公認野球規則を満たしていなかった問題を理由の一つに挙げた。

川村氏は「もう少し確認作業をして進めるべきだったと反省している」と陳謝。規則問題で保有会社「ファイターズ スポーツ&エンターテイメント」社長としての処分が決まったことに加え、新球場開業に見通しが立ち、後進に道を譲る意向であったことなどを総合的に判断し、親会社に現在の任期限りでの退任を申し出たと説明した。

新球場は、3月開業予定。今季は特例で使用が認められ、シーズンオフに改修される見通し。

川村氏は親会社の日本ハム役員などを経て、2019年から球団社長。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません