/

合同稽古、関脇明生・平幕妙義龍ら参加

大相撲九州場所(11月14日初日・福岡国際センター)に向けた合同稽古第3日は27日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、関脇明生や秋場所で優勝争いに加わったベテランの平幕妙義龍らが新たに参加し、活気ある申し合いを繰り広げた。

新三役から2場所連続で勝ち越している明生は22番取って15勝。「それなりに動けたんじゃないかなと思う。一番一番の集中とかを感じながら稽古できた」と話した。ぶつかり稽古では高安の胸を借り、砂まみれになりながら力を振り絞った。

秋場所では12日目に横綱照ノ富士から白星を挙げ、そのまま4連勝で給金を直した。「横綱に勝つことができ、追い込まれた中で勝ち越しを決められたのも自分にとっては成長できた場所だった」と手応えをにじませ「しっかり上を目指して稽古を積んでいきたい」とさらなる飛躍を期した。

22日に35歳になった妙義龍は「先場所は自分の相撲を技能賞で評価してもらえたので、特に大きなところは変えずにこのままやっていく」と気負う様子はなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン