/

宇野昌磨「もっと挑戦」 世界フィギュアVから一夜明け

【モンペリエ(フランス)=共同】フィギュアスケートの世界選手権で計4個のメダルを獲得した日本勢がフリーから一夜明けた27日までに取材に応じ、男子で初優勝した宇野昌磨(トヨタ自動車)は「ここがゴールじゃない。もっと挑戦して新しいものを試したい」と意欲をのぞかせた。フリーで4回転フリップを2回に増やし、2連続ジャンプの2つ目に3回転ループを入れるなどの案を示した。

女子で初制覇の坂本花織(シスメックス)は「引っ張っていかないといけない。下(の世代)が成長していけるように、世界を広げていける存在になりたい」とエースの自覚を口にした。

2位となった男子の鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)は「悔しいと思えてきたのが成長。来年は日本(開催)なので次は絶対に取りたい」と初の頂点を目標に掲げ、ペアの三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)は「成長を実感できた」と口をそろえた。

日本勢はメダリストと男子6位の友野一希(セントラルスポーツ)が27日のエキシビションに出演した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン