/

大谷がコミッショナー特別表彰 「本当に光栄なこと」

【ヒューストン=共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)が26日、今季の投打の「二刀流」による歴史的な活躍に対し、メジャーでは7年ぶりとなるコミッショナー特別表彰を受けた。ワールドシリーズが開幕したヒューストンで記者会見し「毎年ある賞でもないし、本当に光栄なこと。自分でいいのかなという思いもあるけれど、本当にうれしく思っている」と喜びを語った。

表彰は歴史的な偉業を達成した選手やチームなどが対象で、1998年が第1回。日本選手では2004年に262安打で年間最多安打記録を樹立したマリナーズのイチロー以来(表彰は05年)。メジャーでは14年に現役引退したヤンキースの主将ジーター以来の選出となった。ロブ・マンフレッド・コミッショナーは「あまりにも特別だったので、たたえる必要があると思った」と理由を述べた。

大谷は今季、投手で9勝2敗、防御率3.18。打者では打率2割5分7厘、46本塁打、100打点、26盗塁の好成績を残した。初選出されたオールスター戦では史上初めて二刀流で先発出場を果たした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン