/

女子SPは松生7位、ワリエワ世界最高得点 ロシア杯

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、ロシア杯第1日は26日、ソチで行われ、女子ショートプログラム(SP)でGP2連勝を目指す15歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、世界最高の87.42点で首位に立った。

エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)も3回転半に成功し、80.10点で2位。松生理乃(愛知・中京大中京高)は2連続ジャンプに乱れが出て、62.98点で7位となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン