/

北京冬季五輪、メダルのデザイン発表 同心円で「団結」象徴

【北京=共同】中国国営テレビによると、来年2月開幕の北京冬季五輪で選手に授与されるメダルのデザインが26日、発表された。同心円を取り入れ、世界中の人々が心を合わせて「団結する」という意味を持たせた。

中心にある五輪のマークを5つの同心円が囲み、簡素な大会を目指すという目標を体現するためシンプルなデザインになった。天と地と人の調和という中国の哲学も表現され、雪や吉祥を示す雲の文様もあしらった。裏面は古代の天文図のような図柄で、星のように輝かしい選手の姿をイメージしたという。

26日に北京で行われた式典で発表され、来年3月開幕のパラリンピックのメダルも同心円が取り入れられた。式典には共産党最高指導部メンバーの韓正副首相や、大会組織委員会の幹部らが出席し、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がビデオメッセージで祝辞を寄せた。

五輪は27日で開幕まで残り100日。10月から各競技のテスト大会も開催されている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン