/

NPB「別の方法で」と指摘 ロッテ佐々木朗への球審対応

日本野球機構(NPB)の井原事務局長は26日、ロッテの佐々木朗が24日のオリックス戦で白井球審に詰め寄られた場面について、友寄審判長が「試合中に(選手に)注意することはあるが、別の方法で対応すべきだった」と指摘したことを明らかにした。白井審判員も理解を示したという。

24日の試合では、佐々木朗が二回に安達への際どい外角速球がボールとされて苦笑いを浮かべた直後に、白井球審がマウンド付近まで近づいていった。

NPBにはファンからの批判的な意見が多数寄せられているという。井原事務局長は今後の対応について「処分になるような根拠規定はない。何らかの処分をする対象とは考えていない」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン