/

オリックス平野佳寿、日米通算200S達成 日本人で6人目

オリックスの平野佳寿投手(38)が26日、東京ドームでの日本ハム4回戦で今季7セーブ目を挙げ、日本選手6人目の200セーブを日米通算で達成した。内訳はプロ野球で192、米大リーグで8。初セーブは2010年7月28日の日本ハム戦。

プロ野球記録は中日一筋でプレーした岩瀬仁紀の407。メジャー経験者では佐々木主浩が日米通算で381、高津臣吾が313、藤川球児が245、小林雅英が234をマークしているが、いずれも200セーブは米移籍前に達成した。

平野佳は京都・鳥羽高―京産大からドラフト希望枠で06年にオリックス入団。11年に最優秀中継ぎ投手、14年はセーブ王に輝いた。18年に移籍したメジャーではダイヤモンドバックスなどで通算150試合登板。昨年オリックスに復帰した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン