/

ソフトバンク、FA加入の又吉克樹がコロナ陽性

(更新)

ソフトバンクは26日、又吉克樹投手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。今季中日から国内フリーエージェント(FA)で加入し25日に球団のスクリーニング検査で陽性疑いとなり、26日にPCR検査を受けた。無症状だといい、保健所の指示があるまで自宅療養する。球団は他の選手や関係者に濃厚接触者はいない見込みだとした。

阪神は岩崎優投手が陽性と発表した。症状はなく、自宅で隔離中。球団が春季キャンプに向けて25日に行ったPCR検査で分かった。岩崎と今月に沖縄県内で一緒に練習した4選手は陰性。

西武は金子侑司外野手と育成選手の長谷川信哉内野手がPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。24日にスクリーニング検査を受け、25日に判明した。球団によると、ともに症状はなく、保健所の指示を仰ぐ。

ヤクルトは中山翔太外野手と杉村繁打撃コーチがPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。球団が25日に行った定期検査で判明。ともに症状は出ておらず、自主隔離して保健所の指示を待つ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン