/

この記事は会員限定です

クラブへ野外へ 湯山玲子が放つ「聴き方改革」3本の矢

クラシックの常識 ぶっ壊す(3)

(更新) [有料会員限定]

「クラシック音楽界一の浮気男。(曲に表れるのは)男の妄想のすごさですよね」

11月3日夜、ライブ配信スタジオ「SUPER DOMMUNE(スーパードミューン)」(東京・渋谷)。ユーモアを交えたあけすけな曲紹介に会場から笑いが漏れる。スピーカーから大音量で流れてきたのは、フランスの作曲家ドビュッシーのピアノ曲「喜びの島」だ。

ライブハウスで爆音

このイベントは「爆音クラシック」、略して「爆クラ」だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

クラシックの常識 ぶっ壊す

舞台から流れてくる音楽家たちの演奏を静かに座って聞く。そんなクラシックの常識を壊そうとする試みが相次いでいる。経営者との二刀流で音楽院設立を夢見るショパニスト、「クラシカルDJ」を名乗る金髪の指揮者、「聴き方改革」を進めるプロデューサー、名曲の即興演奏を世界に発信するYouTuber(ユーチューバー)ピアニスト――。ファンの裾野を広げようと奮闘する人々の姿を追う。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン