/

日本馬がG1の2レース制覇 競馬のドバイ国際競走

(更新)

競馬のドバイ国際競走は26日、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイのメイダン競馬場で行われ、日本馬がG1・2勝、G2で3勝するなど活躍した。

ドバイ・シーマクラシック(2410メートル芝、G1)では昨年の日本ダービー馬シャフリヤール(クリスチャン・デムーロ騎乗)が快勝し、G1・2勝目を挙げた。オーソリティが3着。

ドバイ・ターフ(1800メートル芝、G1)では逃げたパンサラッサ(吉田豊騎乗)がロードノース(英国)と1着同着で国内外を通じてG1初制覇。ヴァンドギャルドが鼻差の3着だった。

ドバイ・ワールドカップ(2000メートルダート、G1)はチュウワウィザードが3着、ドバイ・ゴールデンシャヒーン(1200メートルダート、G1)でレッドルゼル(川田将雅騎乗)が2年連続2着、アルクオーツスプリント(直線1200メートル芝、G1)はラウダシオンの9着が最高だった。

G2はドバイ・ゴールドカップ(3200メートル芝)をステイフーリッシュ(クリストフ・ルメール騎乗)、ゴドルフィンマイル(1600メートルダート)をバスラットレオン(坂井瑠星騎乗)、UAEダービー(1900メートルダート)をクラウンプライド(ダミアン・レーン騎乗)がそれぞれ制した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン