/

ソフトバンク、コロナ陽性2日間で計8人に 和田毅ら

(更新)

ソフトバンクは27日、和田毅投手、藤井皓哉投手、嘉弥真新也投手、グラシアル内野手、野村勇内野手、本多雄一内野守備走塁コーチとスタッフ2人の計8人が、新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。26日に球団が行ったスクリーニング検査で選手ら5人が陽性疑いとなり、27日に1軍の選手ら関係者がPCR検査を受けた。8人以外は陰性だった。

藤井投手と嘉弥真投手は26日の検査では陰性で、同日の日本ハム戦で登板していた。陽性者に加え、陰性だった杉山一樹投手、正木智也外野手は濃厚接触者となる可能性があり、隔離している。チーム活動は予定通り継続する。

27日に取材に応じた藤本博史監督は「今いるメンバーでやるしかない。仕方がない」と受け止めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン