/

FIFA、代表選手の派遣要請 プレミアリーグの拒否受け

【ロンドン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は25日、イングランド・プレミアリーグが9月のワールドカップ(W杯)予選で南米など新型コロナウイルスの感染リスクが高い国に代表選手を派遣しないことで合意したことを受け、インファンティノ会長の「代表選手を派遣するよう求めたい」との声明を出した。

英政府の規定で帰国後に10日間の自主隔離が義務づけられる国が対象で、19クラブの約60選手の派遣が見送られる。インファンティノ会長はジョンソン英首相に規定の緩和を求めたことを明らかにしたが、英メディアによると政府は選手への隔離免除など特例を認めない方針を示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン