/

照ノ富士が優勝 大相撲秋場所、新横綱では史上9人目

大相撲秋場所で優勝を果たし、日本相撲協会の八角理事長(右)から内閣総理大臣杯を受け取る新横綱照ノ富士(26日、東京・両国国技館)=共同

大相撲秋場所千秋楽は26日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、新横綱照ノ富士(29)=本名杉野森正山、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が13勝2敗で2場所ぶり5度目の優勝を果たした。新横綱の制覇は2017年春場所の稀勢の里以来で史上9人目。

ただ一人1差で追っていた平幕妙義龍が先に敗れて賜杯の行方が決まり、照ノ富士は結びで大関正代を寄り切った。

所属部屋に新型コロナウイルス感染者が出た横綱白鵬は全休措置が取られ、照ノ富士が一人横綱として土俵を務めた。両膝のけがなどで転落した序二段から奇跡的な復活を遂げた精神力と力量で、最高位の責任を果たした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン