/

太田が初優勝、羽賀を撃破 柔道の全日本選手権

体重無差別で争う柔道の全日本選手権は26日、東京・講道館で行われ、24歳の太田彪雅(旭化成)が昨年と同じ顔合わせとなった決勝で、2016年リオデジャネイロ五輪男子100キロ級銅メダルで2連覇が懸かった30歳の羽賀龍之介(旭化成)を破って初優勝した。延長の2分10秒に小外刈りで技ありを奪った。

太田は足技がさえ、初戦の2回戦から5試合を力強く勝ち抜いた。準決勝では優勝3度を誇る29歳の王子谷剛志(旭化成)を指導3の反則勝ちで仕留めた。

3位は王子谷と垣田恭兵で、旭化成勢が4強を独占。男子100キロ超級で6月の世界選手権覇者の影浦心(日本中央競馬会)は振るわず、準々決勝で垣田に指導3の反則負けを喫した。

大会は新型コロナウイルス禍で4月29日から延期され、無観客で開催。男子100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)ら東京五輪代表勢は出場しなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン