/

「大関・御嶽海」誕生へ 長野出身は雷電以来227年ぶり

大相撲の東関脇御嶽海(29)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=の大関昇進が26日午前、東京・両国国技館で開かれる日本相撲協会の春場所(3月13日初日・エディオンアリーナ大阪)番付編成会議と臨時理事会で正式に決まる。

協会広報部によると、長野県出身力士の大関誕生は江戸時代の1795年(寛政7年)、天下無双とされた伝説的な強豪の雷電以来で227年ぶりとなる。昇進決定後に協会は使者を派遣し、東京都墨田区の出羽海部屋で昇進伝達式を実施。御嶽海は決意を示す口上を述べる。25日は報道陣への取材対応がなかった。

御嶽海は昨年秋場所から関脇で9勝、11勝と続け、初場所は13勝2敗で13場所ぶり3度目の優勝を果たした。大関昇進の目安とされる直前3場所合計33勝にも到達。三役通過28場所は昭和以降4番目の遅さで、待望の昇進となる。

29歳1カ月での大関昇進は年6場所制となった1958年以降初土俵で6番目の年長記録。新大関の誕生は令和に入って4人目で、2020年秋場所後の正代以来。来場所は1横綱3大関となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン