/

西武・吉川光夫が戦力外 「戦力になれず申し訳ない」

西武は25日、吉川光夫投手(33)に来季の契約を結ばないと通告したと発表した。球団を通じ吉川は「1軍の戦力になることができなかった。申し訳ない。今後については何も決まってない」とコメントした。

2007年に日本ハムに入団し、12年に14勝5敗でパ・リーグ最優秀選手(MVP)を獲得した。17年から巨人でプレー。19年途中に日本ハムへ戻り、今季から西武に加入したが、5試合の登板にとどまり、0勝0敗、防御率16.62だった。

また、18年にドラフト1位で入団した斉藤大将投手(26)や伊藤翔投手(22)、中塚駿太投手(26)、粟津凱士投手(24)、駒月仁人捕手(28)、綱島龍生内野手(21)、育成選手の中熊大智捕手(25)も戦力外となった。斉藤大、伊藤、粟津、中熊は育成で再契約するとみられる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン