/

宇野「今まで以上の状態」 フィギュアGPから一夜明け

【ラスベガス(米ネバダ州)=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカで2位に入った男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)とペアの三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)がフリーから一夜明けた24日、米ネバダ州ラスベガスで取材に応じた。宇野は「今年は今まで以上のコンディションで挑めている」と手応えを口にした。

北京冬季五輪シーズンに好発進したが、ここ数年は思うような成績を残せなかったことで「今年どうにかしてやりたい気持ちが強かった」と打ち明けた。フリーは4種類計5度の4回転を入れた構成で臨んでおり「シーズン中にどう完成させるかというのが必要になってくる」とジャンプの精度を課題に挙げた。

日本人同士のペアで初めてGPの表彰台に立った三浦は「これを重く受け止めずに、NHK杯(11月12、13日・東京)でもいい流れを続けたい」と語り、木原は「世界のトップと競い合えることがうれしかった」と喜びをかみしめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン