/

柔道女子、70キロ級田中が初優勝 全日本選手権

体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権は25日、東京・講道館で行われ、23歳の田中志歩(JR東日本)が決勝で児玉ひかる(東海大)を破って初優勝した。9分30秒の熱戦の末、指導3の反則勝ちを収めた。

田中は初戦の2回戦から5試合を勝ち抜いた。普段は70キロ級を主戦場とし、1986年の第1回大会を制した61キロ級(当時)の八戸かおりに次ぐ軽い階級の優勝者となった。

昨年準優勝の橋本朱未(コマツ)と寺田宇多菜(JR東日本)が3位。最軽量級の48キロ級で世界選手権優勝の角田夏実(了徳寺大職)は初戦の2回戦を突破したものの、3回戦で一本負けした。

大会は新型コロナウイルス禍で4月から延期され、2年続けて無観客で実施。78キロ超級金メダルの素根輝(パーク24)ら東京五輪代表勢や同級世界女王の朝比奈沙羅(ビッグツリー)、昨年覇者の冨田若春(コマツ)は出場しなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン