/

柔道ウルフ「年明けスタート」 22年2月の国際大会照準

東京五輪の柔道男子100キロ級で金メダルに輝いたウルフ・アロン(了徳寺大職)が25日、東京都内で取材に応じ、五輪後初の実戦として来年2月の国際大会出場を視野に入れていることを明らかにした。「3年後にはパリ五輪がある。年内は少し休み、年が明けたらまた一からスタートを切りたい」と述べた。

この日は地元の東京都葛飾区から文化・芸術・スポーツ功労賞を授与され、都スポーツ推進委員向けに講演を行った。既に打ち込みなど軽めの稽古は再開し、トレーニングにも取り組んでいるという。

最近は連日のようにさまざまなテレビ番組に精力的に出演。「柔道の方は大丈夫かと批判する人もいるが、今がチャンス。ウルフ・アロンを知ってもらうことで、柔道ファンが増えれば」と競技普及への思いを語った。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン