/

この記事は会員限定です

損失600億円でもひるむな 日本ガイシ会長が受けた激励

(更新) [有料会員限定]

1919年創業の老舗メーカー、日本ガイシ。100年を超す同社の歴史の中で、唯一、通期で最終赤字となった年がある。356億円の最終赤字を計上した2012年3月期だ。11年9月に製品のNAS(ナトリウム硫黄)電池で火災事故が起き、補償や安全対策費用などの特別損失が生じた。今年3月まで社長を務めた現会長の大島卓は当時、事業の責任者として事故の収拾にあたった。「失敗にひるむな」。未曽有の危機を乗り越える原動力となっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

失敗のススメ

華やかに活躍する経営者や起業家にも、会社人生で手痛い失敗をし、仕事に悩んだ過去がある。部下の離反、海外事業の撤退、巨額損失……。つらく苦しい経験をどう乗り越え、成長の糧としてきたのか。6人の経営者や起業家の失敗経験を振り返りながら、社会人が成長していくための「学び」を探る。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン