/

アイスダンス、小松原組が4連覇 全日本フィギュア

フィギュアスケートの北京冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権第3日は25日、さいたまスーパーアリーナで行われ、アイスダンスはリズムダンス(RD)首位の小松原美里、小松原尊組(倉敷FSC)がフリー2位の合計178.17点で4連覇した。

RD2位の村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)がフリー1位の合計176.31点で2位。日本スケート連盟が1枠のアイスダンス代表を総合的に判断して選考し、26日に発表する。

3枠を争う女子はショートプログラム(SP)首位の坂本花織(シスメックス)や2位の樋口新葉(明大)、3位の河辺愛菜(木下アカデミー)、4位の宮原知子(木下グループ)、5位の三原舞依(シスメックス)、6位の松生理乃(愛知・中京大中京高)がフリーを演技。

最終日の26日に男子フリーなどを実施し、五輪代表が全て決定する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン