/

玉鷲、37歳で最年長2度目V 大相撲秋場所

(更新)

大相撲秋場所千秋楽(25日・両国国技館)平幕玉鷲が高安を押し出し、13勝2敗で2度目の優勝を果たした。37歳10カ月での制覇は年6場所制となった1958年以降で最年長。21場所ぶりの賜杯で、史上5番目に長い間隔が空いた。初優勝を逃した高安は11勝4敗。

関脇以下で2度優勝は2020年7月場所の照ノ富士以来9人目。平幕優勝は先場所の逸ノ城に続く35度目となった。1場所15日制が定着した49年夏場所以降で初の4場所連続12勝以下の優勝は免れた。

貴景勝は正代との大関対決を制して10勝5敗。正代は4勝11敗で来場所は5度目のかど番。大関から陥落決定の御嶽海も4勝11敗だった。3関脇は若隆景が11勝4敗、豊昇龍が8勝7敗、大栄翔は7勝8敗。殊勲賞は玉鷲が2度目、翔猿が初の受賞。敢闘賞は6度目の高安、技能賞は4度目の若隆景だった。

14日目に新十両優勝を決めた栃武蔵は11勝4敗。九州場所は11月13日に福岡国際センターで初日を迎える。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン