/

野球代表強化試合の審判員がコロナ陽性 選手は全員陰性

日本野球機構(NPB)は25日、楽天生命パーク宮城で24日に行われた東京五輪日本代表と楽天との強化試合で球審を務めた橋本信治審判員が、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。日本代表の稲葉篤紀監督や選手、スタッフはPCR検査を受け、全員、陰性が確認されたため、25日の巨人との強化試合は実施する。

保健所からは日本代表や楽天、他の審判員で濃厚接触者に該当する人はいないと判定された。巨人との強化試合は24日とは全員、異なる審判員が出場する。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン