/

ワリエワSP首位、コンドラチュクは逆転V ロシア選手権

フィギュアスケートのロシア選手権第2日は24日、サンクトペテルブルクで行われ、女子ショートプログラム(SP)でSP、フリー、合計の世界最高得点を持つ15歳のカミラ・ワリエワがトリプルアクセル(3回転半)など三つのジャンプを全て成功させ、90.38点で首位に立った。

世界選手権女王のアンナ・シェルバコワが81.46点で2位につけ、アレクサンドラ・トルソワは5位、エリザベータ・トゥクタミシェワは7位。

男子はSP2位だった18歳のマーク・コンドラチュクがフリー3位で逆転し、合計284.37点で初制覇した。ミハイル・コリャダが2位となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン