/

栗山監督、球児の姿勢や采配に注目 WBCへ選抜視察

野球日本代表の栗山英樹監督が24日、甲子園球場で開催中の選抜高校野球大会を視察した。高校球児の基本に忠実な姿勢に「(日本ハムで)監督をやっていた時も、高校野球でやっていた原点を大事にしなさいと伝えていた。野球の大事なものを感じながら、来年に向かっていくことも大事」と気持ちを新たにした。

来年春に開催予定のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で優勝を目指す。守備シフトや投手起用など、各校の監督の采配にも注目し「WBCはトーナメントの戦いに近い。(テレビ)中継を見ている時も、自分ならどうするかと考えている。しっかり学んでいく」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン