/

明治神宮野球、大阪桐蔭が初連覇 明大は最多7度目V

(更新)

第53回明治神宮野球大会最終日は24日、神宮球場で決勝が行われ、高校の部は大阪桐蔭(近畿)が広陵(中国)を6-5で下し、2年連続2度目の優勝を果たした。高校で大会連覇は史上初。近畿地区は来春の選抜大会の「神宮大会枠」を獲得し、同地区の枠は7となった。

大学の部は明大(東京六大学)が国学院大(東都)に1-0で勝ち、6年ぶりの優勝。史上最多を更新する7度目の制覇となった。

大阪桐蔭は0-5の五回に長沢の三塁打など打線がつながって追い付くと、六回に山田の内野安打で勝ち越した。

明大は三回に蓑尾の適時打で先制。村田が完封した。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン