/

ラグビー代表強化の藤井氏、欧州遠征総括「戦い評価」

ラグビー日本代表の強化を担当する藤井雄一郎ディレクターは24日、1勝2敗だった欧州遠征から帰国してオンラインで記者会見し「(新型コロナウイルスでこれまで)試合ができなかった影響はあったと思うが、言い訳にならない。評価できる戦い方はできたのではないか」と総括した。

遠征ではアイルランドに5-60で大敗。格下のポルトガルには勝利し、スコットランドには健闘したが20-29で敗れた。負傷者にも悩まされ、藤井ディレクターは選手層が薄い点を「一番の心配材料」と指摘。今後の強化について「国内ではなく、海外とのやり合いを多くの選手に積ませたい」と話し、若手選手にテストマッチ以外の国際試合を経験させたい考えを示した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン