/

女子100、児玉芽生が日本歴代2位記録 全日本実業団陸上

陸上の全日本実業団対抗選手権第2日は24日、岐阜長良川競技場で行われ、女子100メートルの児玉芽生(ミズノ)が追い風1.3メートルの予選で日本歴代2位の11秒24をマークした。無風だった決勝は11秒39で制した。男子100メートル決勝は東京五輪代表の多田修平(住友電工)が10秒29で優勝した。

男子走り幅跳び決勝は、110メートル障害の日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が8メートル00で勝ち、東京五輪6位の橋岡優輝(富士通)は7メートル95で2位だった。

1万メートル競歩の男子は20キロで7月の世界選手権、東京五輪ともに銀メダルの池田向希(旭化成)が38分15秒86の大会新記録で圧勝。女子は藤井菜々子(エディオン)が45分44秒91で勝った。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン