/

吉永4位、ショートトラック男子1000 五輪テスト大会

【北京=共同】スピードスケート・ショートトラックの北京冬季五輪テスト大会を兼ねたワールドカップ(W杯)第1戦最終日は24日、北京の首都体育館で行われ、男子1000メートル決勝で吉永一貴(トヨタ・中京大)が4位に入った。3位のカナダ選手と0秒001差で表彰台を逃した。

混合2000メートルリレーで日本は菊池耕太(恵仁会)渡辺啓太(阪南大職)菊池純礼(富士急)菊池悠希(ANA)で臨んだ準決勝で2組4着となって決勝に進めず、吉永と菊池耕が入れ替わった5~8位決定戦で1着となって5位だった。女子1000メートルの菊池悠は準々決勝で敗退した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン