/

侍ジャパン逆転負け 楽天と強化試合、千賀2失点

東京五輪の野球日本代表は24日、仙台市の楽天生命パーク宮城で楽天と強化試合を戦い、3-5で逆転負けした。1次リーグのデーゲームに備え、正午開始で試合を行った。

楽天戦の8回、ディクソン(左)に2点打を許した千賀。捕手梅野(24日、楽天生命パーク)=共同

初戦の先発登板が有力視される山本(オリックス)が2回1安打無失点と好投したが、森下(広島)、青柳(阪神)が失点して追い付かれ、3-3の八回に千賀(ソフトバンク)が2点を勝ち越された。打線も一回に3点を奪った後は好機を生かせなかった。

25日にも楽天生命パーク宮城で巨人と強化試合を行い、田中将(楽天)が先発する予定。26日に福島入りし、28日に福島市の福島県営あづま球場でドミニカ共和国との初戦に臨む。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン